2009年05月29日
時には・・・

ハッスル院長です。

 時には自分の期待しない結果が起こったり、うまく行かないなあ、と感じたりする事があります。
 こうしなければいけない、とか、こうありたいけど、そうなれない場合もあります。
 でも、そんな時こそ「学びのチャンス」「成長のチャンス」なんですよね。そこで起こる事は偶然だったり、自分の未熟さ故だったりするわけですが、起こった事にどういう意味を与えるのかは、まちがいなく自分が決めるわけです。
 とはいっても、実際にその学びをもたらして下さる方は、なんらかの不利益を被っていらっしゃるわけです。その不利益を償うためにも「学び・成長する」ことが必要なのですね。
 ありがたいことです。
 

未分類

2009年05月19日
歓送迎会を開いてもらいました

ハッスル院長です。

先日はスタッフに歓送迎会を開いてもらいました。
ルタンはうすの卒業生?達も集まってくれて、とても感動的な会となりました。
 
ルタンはうすは、まだ開院して4年しかたっていませんが、全くゼロの状態からスタートしただけあって、院内の隅々までどういった経緯で存在しているのか、そしてそれぞれのスタッフが、どのようにそれに関わったかが、まだまだはっきりと思い起こされます。

何も無い所から、新しいものを次々と生み出していった、開院当初のスタッフの苦労に感謝するとともに、ある程度完成したレベルを最初から求められる 新人スタッフのプレッシャーの強さ、そしてそれに負けない勇気に感謝です。

それから思いがけなく「4周年記念」の花束をスタッフから頂きました。
スタッフから祝ってもらい、とてもうれしかったです。
なんだか毎日必死で走っていて、仕事をする場所があることに感謝する事を忘れていました。 

最高!

ちなみに花束は「花とおじさん」の花束でした。
すてきな花束をありがとうございました。 

未分類

2009年05月09日
ついに不惑の年となりました

714264a2.JPGハッスル院長です

ついに先日「不惑」の年を迎えてしまいました。
不惑とは物の考え方などに迷いのないこと、と辞書にあります。

ここで予定調和的に書くと「不惑を迎えましたが、迷ってばかりです」なんてことになる訳ですが、私はそんな事書きません。

確かに40歳になると、「迷いは無くなる 」という事が実感できます。
そりゃ、小さな事では迷いますよ。レストランではどのコースにしようかとか、鹿児島市内へ行くのにこの時間帯なら高速か?下道か?とか、今日はビール一杯でやめとこうか、それともお湯割り一杯ぐらいなら?とか、迷ってばかりです。
でも、自分の生き方だとか、人生の目的だとか、価値観だとか、仕事観などの基本的な「考え方の原則」については、「迷わなくなるんだなあ! 」というのが実感です。
 
さて、写真ですが医院のスタッフが密かに準備してくれていたものです。誕生日には歯の形のケーキとネクタイ、そしてこのプレートを頂きました。
 
スタッフみんなが、プレートの作成を考え、作って、そして私をびっくりさせる事を想像しながら準備してくれたんです。本当は毎日の仕事でいっぱいいっぱいのはずのスタッフみんなが・・・。

こういう職場で働ける私は、間違いなく幸福であり、その事に大変感謝しています。

みなさん、ありがとう! 

未分類

2009年05月06日
医院見学に行ってきました

 ハッスル院長です。先日は2カ所ほど歯科医院見学に行ってきました。
どちらも私が尊敬する先生の歯科医院です。
 ルタンはうすでは「みんなが幸せになる」を実現するために、日々職員一同様々な取り組みをしています。 でもそれは「私たちなりに」頑張っている、工夫している、というレベルで、ややもすると自己満足で終わってしまいます。それを避けるためには「基準」が必要です。基準は高ければ高いほど良いと私は思っていますので、1カ所は「小児歯科専門医院のトップランナー」、もう1カ所は「全国レベル」で見学者が来院し、また院長、スタッフ共に全国レベルの講演会の講師をつとめていらっしゃる医院です。
 それぞれ4年前、1年前に見学し、様々な良い所を医院運営に採用させて頂き、自分たちなりに一生懸命努力して「もう大分近づいたかな、ひょっとしたら勝っている所もあるかな?」ぐらいに思っていましたが、とんでもない事でした。
 「スゴい医院は、発展のスピードとレベルも桁違いにスゴい!」というのが率直な感想です。
 もちろんルタンはうすは「高い基準」を設定しました。 今年度も楽しみにしていてください。
 それにしても、すばらしい人は出し惜しみをしないんですね。「まず与える姿勢」見習わなくちゃ行けないと思いました。 

未分類